一軒家の不動産査定について

一軒家の不動産査定と一言で言っても一戸建ての状況によって注意することも違います。
たとえば、中古住宅といっても築年数がどれくらいたっているかによって家の価値があるもの、ないものもあります。
あまりに古い一軒家は土地のみで評価されます。

 

また一軒家も自分のものか、相続するものか、相続した後か、それによっても売却する注意点は変わってきます。

 

相続して自分は住まないからすぐに売却してしまうと思っても相続してすぐ売却すると相続税が高くなる場合もあります。

 

相続するものであれば税金対策のことをしっかり調べてから売却するようにしましょう。

 

まず一戸建てを売るときは自分の状況を把握して調べておくべきことはきちんと調べてから査定をお願いするべきでしょう。


一戸建ての売却は安心できる不動産業者へ

一戸建ての不動産を売却するときに知り合いだから・・・などといって不動産会社を通さず売買するのは危険です。
不動産関係の資格を持っている、不動産会社に勤めているなどといった理由ならともかく、何も知識がない一般の方同士で売買してあとから問題がおきる場合もあります。

 

不動産に関する法律、手続きは複雑で高度な取引です。
不動産業者はこういった難しい取引を仲介してくれるからお金を払います。

 

不動産会社はいろいろなところがありますが、自分の一戸建てについてしっかり理解してくれる、親身に相談ができる会社にお願いするべきですが一戸建ての売買に強い業者にお願いすると売却までスムーズに行えるし、自分も安心してお願いできるでしょう。


一軒家の売却前にリフォームは必要か

一軒家の売却をするなら、少しでも査定額を高くするためにメンテナンスできるところは前もってやっておきたいものです。
たとえば、フローリングが傷んでいた場合、張り替えたらいくらかかるか調べておくのもいいでしょう。

 

張り替えの費用が査定でマイナスになる金額より安ければ、事前にリフォームした方が得ということになります。

 

これは水回りや外壁、壁紙でも同じことがいえると思うので少しでも査定額をアップしたい方は修復したほうがよさそうなところはリフォーム費用を調べてみてもよいかと思います。

 

また、リフォームまでいかなくても掃除、整理整頓も必要なことです。
査定にきたときに少しでも家が広く見えるよう、きれいにみえるよう、掃除は徹底的にしておきたいものですが、掃除は査定がくる、こないにかかわらず、普段からきれいにしておきたいものですよね。


一軒家の不動産査定は無料のものを

一軒家の不動産査定をするなら査定をお願いしますが、一括でできる査定はいろいろな業者に依頼してみるといいでしょう。
はじめの査定は無料でできますので、できるだけ複数の業者に査定をお願いしましょう。
複数の査定は金額が似たような金額であれば相場を知ることができますし、その業者の対応で会社選びの比較にもなります。

 

契約書に印鑑を押すまでは契約には至りませんのでいろいろな業者に相談をしてその対応も比較してみましょう。

 

不動産売買とはいえ、査定から売却まで人と人とのやりとりなのでコミュニケーションが合う営業マンのほうが売買まで安心して相談もできるでしょう。

 

あまりに同じような質問をすればイヤな顔をされてもしょうがないのですが、素人にはわからないことも丁寧に答えてくれる方のほうがいいですが優しいだけで、不動産知識があまりない営業マンや一戸建ての売買を取り扱っていない会社などはきちんと回答もできないと思うのでそういったところもチェックポイントだと思います。